正しい座り方 | 日本人のための椅子 コトブキ アーユルチェアー

あのプロゴルファーも認めた!
1日20分座るだけで、ゴルフが上達!?
▼『アーユル チェアー』詳しくは▼
公式ホームページで
正しい座り方 | 日本人のための椅子 コトブキ アーユルチェアー 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

「椅子に正座したら楽なんだよね」 

「椅子に正座したら楽なんだよね」 

たまにこういった座り方を見かけます。

正座やあぐらは、もともと日本人が畳の上の生活習慣でした。
そうすることで骨盤たてて坐骨で座っていたのです。
なので、正座やあぐらで座ると、背筋も伸びて楽なのです。

コトブキ アーユルチェアーも骨盤たてて坐骨で座ることに着眼しています。 

座った姿はダイナミックですが、横から見てみてください。
背筋がピンっと伸びている様子がわかります。
足を開いて座る事で太ももと背骨をつなぐ“大腰筋”が骨盤を立たせ、
背骨が理想的なS字カーブになります また、
こうして座ることで、腰への負担がぐっと減って 楽になりますよ。

【コトブキ アーユルチェアー 無料で1週間お試しレンタル中!】
 ◆・・・ 無料お試し申し込みはこちらの公式ページから ・・・◆




-|-|-|-

二つの座面に坐骨で座る

コトブキ アーユル チェアーの正しい座り方は、
まず、背もたれの黒いバーとの隙間をなくすように深く座ってください。
すると、坐骨で座ることができ、骨盤が立ちやすくなります。

「骨盤が立つ」っと言う表現はあまり耳なれないかもしれませんね。

しかし、日本人は昔からの座り方
つまり「正座」や「あぐら」といった座り方で
骨盤たてて坐骨で座っていたのです。
いつの上で正座すると楽って方いますよね。
実は理にかなったことだったのかもしれません。



こうしてがっつりと足を開いて座る事で
太ももと背骨をつなぐ“大腰筋”が骨盤を立たせ、
背骨が理想的なS字カーブになります。

足の裏で地面をとらえるので、
上半身の重さが足にも分散されて
腰への負担も軽減される座り方なんです。

詳しい情報は公式サイトからどうぞ
◆… コトブキ アーユルチェアー公式サイトはこちらから …◆




-|-|-|-
1
Copyright © 正しい座り方 | 日本人のための椅子 コトブキ アーユルチェアー All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます